Skip to content

あまり痛くなかった親知らずの抜歯

親知らずは左右両方に生えており、今回は右の親知らずを抜きました。左の方はまだ完全に生えておらず、根の部分が下顎の神経に近いため、抜くと神経を傷つけてしまうおそれがあると言われました。右の親知らずはほぼ生えている状態でしたので、クリニックで抜歯ができました。麻酔をしたのですが、抜いた衝撃で少し痛かったです。親知らずの抜歯は抜いた後がとてつもなく痛いと言われていましたが、私はこの抜いた瞬間が痛かったです。その後は我慢して普通に生活ができるくらいの痛みで、もらった痛み止めも飲まずに済みました。痛みも1日ですっかり取れ、通常通りの生活が戻りました。後遺症などもなく、普通に暮らしています。親知らずを抜くと、その後は何もできないくらい痛いと聞いていたので、少し肩透かしを食らったような気持ちです。しかし私にはもう片方の親知らずが残っています。こちらの方が曲者で、隣の歯を圧迫しているらしく、定期的に痛みます。先程書いた通り、下顎の神経を傷つけるかもしれないので、個人クリニックでは抜歯は難しく、今抜きたければ総合病院の口腔外科で手術が必要になると言われました。親知らずか隣の歯が虫歯になってしまえば否でも応でも口腔外科へ行かなければなりません。そうならないように歯のケアには気をつけています。