Skip to content

歯医者嫌いの私が歯医者ばかり行く理由

テレビで芸能人が舌癌になったというニュースを見て自分の歯が気になる様になりました。歯並びが悪い人が危ないと言っていたので気になって毎日舌で歯を触る様になっていました。小児矯正を見つけるなら評判の神戸がすると舌が傷だらけになって痛くて怖くなりそこから私の歯医者通いが始まりました。歯医者で舌に傷がいくので奥歯の銀歯が原因と思うから銀歯をきれいに磨いてくださいと言いました。すると銀歯が結構古いから外して新しい銀歯をつける事になりました。私はこれで舌が痛くなくなると思って喜んでいましたが、新しくできた銀歯をつけてびっくり、痛いのです。新しくつけた銀歯が合わないから削ってほしいとは言えず、違う歯医者に予約して銀歯が痛いと言いました。歯医者を文京区の人気の新大塚ですると少し歯を削って樹脂でコーティングすればつるつるになると言われました。私は信用できなくて初めの歯医者に戻りました。そこで樹脂の話をするとその先生がつけてくれました。つけると痛みが消えてこれで大丈夫だと思いました。けれど数日経つと樹脂は歯垢がつくとザラザラの舌触りになる事に気が付きました。歯のクリーニングで歯医者を予約していた私はその時に先生に痛いと言いました。すると先生はそんな筈はないと怒っていたので私がそれでも痛いというと喧嘩になりました。もうこんな歯医者にこないとその場で言ってしまった私は、評判の根管治療の医院は東京で口腔外科を得意とした歯医者に予約しました。次こそはという思いで歯医者に願いを託すつもりでした。そしてどうしても銀歯の部分が痛いから自費でジルコニアの被せにしてほしいと懇願し、そこまでひどい虫歯ではなかった歯をかなり削りました。それでも削って被せをつけるまでの間は快適で舌の傷が無くなっていくのが分かりました。そしてワクワクして歯医者で6万以上もする被せをつけてもらいました。しかし歯のかみ合わせが高いというとかみ合わせの為にサイドを少し削る事になりました。すると帰ってからそこが刃物の様に感じ痛いのです。せっかく丸く作ってもらったサイドの部分が歯医者によって削られ刃物の様になっていました。そして2週間後にまた予約をしてそこを丸くしてほしいと言いました。先生は充分丸いと少し怒った口調になっていました。空気を読んでしまう私はこれ以上先生に言えないと思ってもう少しという最後の一言が言えずに帰りました。今現在はジルコニアを入れた歯が大きすぎて隣の歯との相性があっておらず不具合だらけの口の中になっています。