Skip to content

右奥の親知らずの抜歯の体験談について(痛みは麻酔のためほとんどありませんでした)

私は定期的に知人の小さな歯科医院で歯の検診を受けていますが、その際に右側奥の親知らずが炎症を起こしているとの指摘を医師から受けました。その時点では特に痛みを感じていなかったことに加え、周囲の友人や知人から親知らずの抜歯の痛みを噂に聞いていましたので、できることなら避けたいとは考えていましたが、医師からは親知らずが歯ブラシの届きにくい部分にあり、今後状態が改善することは難しいので抜歯した方がいいとの提案を受けました。幸いにも上側の親知らずであったため、下側と比べて手術の時間は短く、痛みも少ないとの説明でしたので、抜歯を行うことにしました。(なお、下側の場合は大学病院での手術をおすすめすると言われました)いざ、抜歯をするとなると、心の準備のために事前にインターネットで色々な情報を調べました。また、上下抜歯の経験者の知り合いに聞くところによると、上側の抜歯は本当にあっという間に終わるので、心配いらないよとのありがたい意見をもらいました。抜歯の当日ですが、歯科医院に到着すると、まず麻酔を受けました。麻酔によりだんだんと口の中の感覚を失ったところ(唇が膨れるようになぜか感じます)、医師が抜歯の器具を持ってきてオペがはじまりました。感覚としては器具で歯をひっぱられるような感じでしたが、全く痛みはありませんでしたし、拍子抜けするほどあっという間に抜歯が終わりました。はっきりとした時間は図っていませんが、5〜10分程度でしょうか。親知らずの生え方によって痛みは個人差があると思われますが、私の場合はほとんど痛みがなく抜歯が終わりましたので、結果的には早い段階で抜歯を行なって正解でした。20歳の頃、左下の奥に、横向きに半分顔を出した親知らずが生えてきました。それから数年してから歯科医に通ったこともあったのですが、その親知らずについて主治医の先生からは何か言われることはありませんでした。そのときは、「こんな変な親知らず、抜いた方がいいのでは・・・」とも思いましたが、痛い思いをするのがいやだったので、その歯を長い間放置してきたのです。その歯は脇の歯を押しのけるように突き出ていました。40代に入ってからは、虫歯、肩こり、食事のしづらさなど、横向きに生えた親知らずのおかげでストレスがたまってしかたありません。業を煮やした私は、ようやくその歯を抜くことを決断します。新しく通うことになった主治医の説明では、「この歯を抜くと、下あごの神経を傷つける恐れがあるから、特殊な手術が必要だ」とのこと。手術当日、上に被さった肉を裂き、歯を4等分に分解する手術は確かに大変そうでした。しかしながら、時間的には20分程度で終わったので、「あったいう間だった」というのが実感です。無事手術が終わり、受付で治療費を支払おうとすると、「1150円です」と言われ、「これだけ、今まで苦労させられた親知らずを抜くのに、こんな金額でいいんだ~」と、私は力が抜けてしまいました。「もっと早く抜糸しておけばよかった!」と思わずにいられません・・・。親知らずを抜歯した後は嘘のようにストレスがなくなり、快適に過ごせるようになったのです。

病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビクリニック集客ノウハウ

Comments are closed.